スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『くちさけおかま』製作裏話

一応、ネタバレ注意。もはや『くちさけおかま』をプレイする人はいないでしょうが、念のため。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21537901
こちらの動画(ニコニコ動画)にも、私自身のコメントでいろいろと書いてありますが(2014年4月現在まで)、今回は『くちさけおかま』で上がった謎をいくつか解明していきたいと思います。まだ書けないこともありますが。

◆明かされていない(?)登場人物情報◆
◇ミラン◇
・享年13歳。
・イギリス人と日本人のハーフ。父が日本人、母がイギリス人。
・日本育ちであるため、日本語は普通に話せる。
・イギリス在住の母の所へ行き、家族で旅行中、事故死。
・イギリスで幽霊化。日本行きの飛行機に(勝手に)乗って日本へ行く。
・日本で迷子になる。

◇主治◇
・24歳大学院生。



●主治は携帯電話を持っているか?
主治はこの時は呑み屋に携帯電話を忘れてきて、携帯電話は持ち歩いていません。
麻薬の人に言った「袂に携帯電話があった」というのはハッタリです。
なお、携帯電話は後日お店に回収しに行ったそうです。

●BAD END『おかまのいけにえ』で、なぜ主治は危険を感知できたのか。
BAD END『おかまのいけにえ』は、麻薬の人がおかまの運転するタクシーに乗ってしまうというものです。
この時の主治にはおかまが見えていたのか?
その答えとしましては、主治にはおかまは見えておらず、代わりにゲイっぽい筋骨たくましいドライバーが見えていました。

●主治の妹と親友と『以前会ったブロンド』
作中で主治が何気なく言っていましたが、製作中の作品への伏線です。
親友は次回作『OPP-AI』で、妹と『以前会ったブロンド』の人は次次回作『大正懷舊浪漫竒行爆主會(仮)』に登場します。

●主治の師
結論から言いますと、ミランの父親のことです。高校教師をやっています。
ナウでヤングでハンサムなヘンタイです。

●主治が麻薬の人やミランについて思うこと
麻薬の人については、警察を見つけるまで見張るだとか、別にあんたを通報するメリットはないだとか、いろいろなことを言っている主治ですが、本心は「どうでもいい」と思っています。
ただ、他に面白そうなものがなさそうだったから、このヒトが面白ければもうけものだ、くらいにしか考えていません。
また、主治にとってミラン(幽霊)は久しぶりに見たとは言っても珍しいものではありません。例えば虹を見て「あー珍しいな、久しぶりだな。」くらいの感覚です。
ただ、カワイコチャンは好きなので親身になって相談には乗ってあげます。

●おかまは幻覚か?
幻覚です。たまに電柱や地吹雪や他の人がおかまに見えたりもします。
BAD ENDではよくショック死しています。

●キチガイホラーAVGって?
あえて『ADV』ではなく『AVG』と書きました。AVGは『アダルトビデオ(チック)ゲーム』の略です。

その他にも思い出したことがあれば随時書いていくかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。